Home > 児童がつくった作品集 > 初等部Wikipedia > 初等部の施設

初等部の施設

ゴムチップについて

ゴムチップとは、初等部の正門を入ってすぐにあります。
朝休みは、登校している児童が通るので遊ぶことが出来ません。一部の場所は、屋根の下にあるので雨が降っていても遊ぶことができます。ただし屋根がついている場所はせまいので雨の時は混んでいます。休み時間には多くの児童が遊んでいます。広いのでドッジボールがやりやすいです。優先のきまりがなく、みんなが遊べて楽しい場所です。このようにゴムチップは広くて、みんなで一緒に遊べる楽しい場所です。

H.T

ページの先頭へ戻る

プレイルームについて

プレイルームの広さは、30m×15mです。
設備はバスケットゴール6台設置してあります。
のぼり棒、マイク等の放送設備、手動開閉式窓、換気ファンもあります。
遊ぶ時のためにバスケットボールやソフトバレーボールが置いてあります。
日当たりが良く、体育の授業、遊び時間は多くの人が来ています。
体育の授業では1年中使用します。秋の運動会で行うダンスや組体操の練習も、プレイルームで練習し、上手になってから校庭でのリハーサルします。
遊び時間は、学年ごとに割り当てられています。

H.T

ページの先頭へ戻る

礼拝堂について

青山学院初等部には、低・中学年棟の正面に礼拝堂があります。学校がある日は毎朝初等部生、先生方が礼拝をまもっています。また、アドベントコンサートやファミリーフェアのファイナルイベントの会場などにも使われます。
写真のように上のガラス部分に十字架があります。
礼拝堂は、昔から初等部を見守っているので、これからもみんなでお祈りしていきたいです。

I.R

ページの先頭へ戻る