Home > 児童がつくった作品集 > 初等部Wikipedia > 初等部の施設

初等部の施設

虹色広場

虹色広場は一、二年生のフロアにあります。今回は虹色広場にある遊具を紹介します。



鉄棒

 鉄棒は三段階高さがあります。ここでは一、二年生が逆上がりの練習などをして遊んでいます。




 これはひもや鉄の棒を使って一番上まで登るジャングルジムのような遊具です。





平均台

 平均台ではドンじゃんけんぽんや押し相撲などをして遊びます。






砂場

 砂場は虹色広場の端にあり、一年生の児童がよく泥団子や、砂の山などを作って遊んでいます。





ぺんぺん森

 ぺんぺん森は、虹色広場の奥にある地面が坂になっていて、ロッククライミングなどがあるアスレチックのような遊び場です。





M.H M.K



ページの先頭へ戻る

学習センター

初等部には学習センターが2つあります。
1つは、低学年学習センターで低学年(1、2年生)だけが利用出来ます。
2つ目は、高学年学習センターで高学年(3~6年生)が利用出来ます。

本を借りる時は、児童手帳の裏にあるバーコードを読み込んで借ります。
1度に借りることが出来るのは2冊です。休みの近くになるといつもより多く借りることができます。
夏休みは5冊 試験休みは3冊で、その他の休みも多く借りることが出来ます。

低学年学習センターでは金曜日の放課後に『お話の椅子』というおはなし会があります。
読んでくださる方は、前におはなしおばさんのボランティアをしてくださっていた方です。
その他に1~3年生までは木曜日の帰りの会で教室の床にござを敷き、
おはなしおばさんが本や紙芝居を読んでくださいます。

 

ござ


学期に1回大おはなし会という、大型絵本やしかけ絵本などを使った、
大規模なおはなし会があります。みなさんも読書を楽しんでください。

低学年学習センター

高学年学習センター

A.I M.H



ページの先頭へ戻る

日本庭園前鉄棒と東屋上

私は日本庭園前鉄棒について紹介します。
日本庭園前鉄棒は、通常の鉄棒に加え大きいサイズの鉄棒もあります。
鉄棒は主に三・四年に人気があります。

通常サイズ

大きいサイズ

通常サイズの鉄棒は、体育の授業で逆上がりの練習や空中逆上がりの練習に使ったりします。
大きいサイズは授業には使いませんが、児童にアンケートをとった結果、
公園などにはあまり見られないという理由で人気があります。 

M.H



ページの先頭へ戻る

東屋上

東屋上は、初等部の4階、プレイルームの隣にある屋上です。
そこには約30台の一輪車があり、朝、二十分休み、昼休み、放課後にたくさんの児童が遊びに来ています。
特に、3、4年生の児童が毎年遊びに来ている数が多い気がします。


上の写真は、11人でメリーゴーランドをしています。

M.K



ページの先頭へ戻る

ゴムチップについて

ゴムチップとは、初等部の正門を入ってすぐにあります。
朝休みは、登校している児童が通るので遊ぶことが出来ません。一部の場所は、屋根の下にあるので雨が降っていても遊ぶことができます。ただし屋根がついている場所はせまいので雨の時は混んでいます。休み時間には多くの児童が遊んでいます。広いのでドッジボールがやりやすいです。優先のきまりがなく、みんなが遊べて楽しい場所です。このようにゴムチップは広くて、みんなで一緒に遊べる楽しい場所です。


H.T



ページの先頭へ戻る

プレイルームについて

プレイルームの広さは、30m×15mです。
設備はバスケットゴール6台設置してあります。
のぼり棒、マイク等の放送設備、手動開閉式窓、換気ファンもあります。
遊ぶ時のためにバスケットボールやソフトバレーボールが置いてあります。
日当たりが良く、体育の授業、遊び時間は多くの人が来ています。
体育の授業では1年中使用します。秋の運動会で行うダンスや組体操の練習も、プレイルームで練習し、上手になってから校庭でのリハーサルします。
遊び時間は、学年ごとに割り当てられています。


H.T



ページの先頭へ戻る

礼拝堂について

青山学院初等部には、低・中学年棟の正面に礼拝堂があります。学校がある日は毎朝初等部生、先生方が礼拝をまもっています。また、アドベントコンサートやファミリーフェアのファイナルイベントの会場などにも使われます。
写真のように上のガラス部分に十字架があります。
礼拝堂は、昔から初等部を見守っているので、これからもみんなでお祈りしていきたいです。


I.R



ページの先頭へ戻る