TOP
第44回 2018年

洋上小学校

6月7日(木) 9日目 寄港地:館山港

6月6日(水) 8日目 船内活動

6月5日(火) 7日目 寄港地:宇品港

6月4日(火) 6日目 寄港地:郷ノ浦港

6月3日(月) 5日目 寄港地:福江港

6月2日(日) 4日目 寄港地:福江港

6月1日(土) 3日目 寄港地:西之表港

5月31日(金) 2日目 寄港地:高知港

5月30日(木) 1日目 出港:竹芝桟橋

今回の洋上小学校について

初等部長のごあいさつ

未知なる世界へ

第44回青山学院洋上小学校。今年も「さるびあ丸」が、121名の夢と希望を乗せて未知なる世界へと船出します。船出した瞬間から冒険の始まりです。

過去の先輩達がそうだったように、自分をみつめ、感じる心を持ち、よく考え、自分を信じ、正しいと思うことをやってみてください。その時にたくさんの「感激」が生まれるでしょう。そこには、仲間がいます。先生、リーダーがいます。東海汽船の船長さんはじめ乗組員の方々がいます。そして、神さまが共にいて、助け、導いてくださいます。

感激のあるすばらしい洋上小学校となるように、そして航海の安全が守られるように神様にお祈りしています。

さあ、光かがやく日本の海原へ、面舵いっぱい!

青山学院初等部 部長 中村 貞雄

校長のごあいさつ

今年も、小さな乗組員が、さるびあ丸に乗って、大海原へこぎ出します。雄大な母なる海を航行しながら、よく見聞きし分かり、そして忘れず、心にとめて、謙虚な思いで、与えられた毎日をよりよく生きることのできる9日間にしたいと思います。

先人たちのひたむきな思い、真心こめた生き方に触れ、自分たちのこれからの生き方につなげることができるように願っています。学年目標である、「明日を創る、今日を生きる」を真心こめて実践できるようにしたいと思います。

それでは、行ってまいります。

第44回青山学院洋上小学校校長 鈴木 順子

シンボルマークについて

第44回洋上小学校のシンボルマーク決定

応募作品の中から学年教務会の選考の結果、右の作品が最優秀作品に選ばれました。作者である児童の、作品作成の思いを紹介します。

この絵は、洋上小学校で乗るさるびあ丸をメインに、洋上小学校で見られたらいいなと思う白いカモメや、一生でぼく自身初めて生で見るいかりでデコレーションしました。一番苦労した所は、鳥居状マストの大きさです。縮尺が難しく、五回くらい書き直し、自分が一番気に入った大きさにしました。描いていて、洋上小学校への期待がふくらみました。
セット 健斗