Home > 教育 > 初等部の学習 > 英語

教育/初等部の学習

英語

学習の目標・特色

英語教育のはじまり

5年生の授業の様子「リズムに合わせてダンス!」

5年生の授業の様子「リズムに合わせてダンス!」

青山学院初等部の英語教育は、初等部創設1946年(昭和21年)に始まりました。

初等部の大きな柱である宗教教育に加えて、広く国際的視野に立った教育を目指し、早くから子どもたちを英語の世界に親しませる場を設けたのです。

授業では、宣教師が易しい物語を英語で読み聞かせしたり、讃美歌や「主の祈り」を英語で捧げたりして、自然に英語のリズムに慣れ親しんでいきました。

学習の内容

英語教育の現在

英語教育の現在 写真1

現在の英語教育は、創設時の精神を受け継ぎながら、独自のカリキュラムを展開しています。 英語教育への取り組みを初・中・高等部の12年間で連携し、第1期(初等部1年生~4年生)、第2期(5年生~中等部2年生)、第3期(中等部3年生~高等部3年生)とした4-4-4制一貫英語教育を進めています。

教材は青山学院独自の教科書「SEED BOOK」を開発・使用しています。2008年度より、第1期第1学年にあたる1年生が「SEED BOOK1」、第2期第1学年の5年生が「SEED BOOK5」、2009年度より、第1期第2学年の2年生が「SEED BOOK2」、第2期生第2学年の6年生が「SEED BOOK6」を使って学習に取り組んでいます。

英語教育の現在 写真2

1年生では、数遊び、色遊びなどの歌、リズムのよいチャンツなどを元気よく表現したり、色々な国々の言葉で挨拶したり、ゲームを通して自己紹介したりして、楽しく授業を進めています。

2年生では、家族、学校、遊び、食べ物などの場面に合わせた歌から短い会話を聞き取り、真似をしながら、英語の音に慣れ親しんでいきます。

自分の力を生かす場として各学年の学習内容に沿った学習発表会を、学習を深める場としては、高学年を対象に講師を招いての特別授業(グローバル教育)を設けています。 6年生では、2000年度より、English Day(イングリッシュ・デー)を設けて英語に1日触れて過ごします。

学習・英語 写真1
学習・英語 写真2
学習・英語 写真3