Home > 緊急・災害時の対応

 

緊急・災害時の対応

地震、台風、交通機関の乱れ等による休校情報

災害または交通機関のストライキ時の対策

大規模地震時(大規模地震とは、震度5以上の地震を指します)
  1. 構内にいる児童については、学校が対処します。
  2. 予知連絡会の判定会召集、警戒宣言の発令、及び大規模地震が発生した場合、保護者は学校に災害時児童引き渡しカードを持って、児童を引き取りにきます。
  3. 登下校中に地震にあった場合は、その場に適した方法で行動できるよう、家庭と連携して指導をしています。
  4. 地震予知連絡会の判定会が召集された時点で、臨時休校とします。
  5. 緊急電話連絡の方法が確保されるまで、休校を解除しません。
災害時
  1. 在校中に災害が起きた場合は、原則として保護者の迎えがあるまで、児童は学校に留めます。
    なお、下校の安全が確認された場合、児童は直ちに下校させます。
  2. 在校中に、災害等よる危険が予想された場合は、早めに授業を打ち切り、家庭へ連絡の上、下校させることがあります。
  3. 午前6時の段階で、次の交通機関が不通の場合は、臨時休校となります。
    JR山手線、東急(東横線・田園都市線)、京王井の頭線、東京メトロ(千代田線・半蔵門線)
  4. 上記以外の交通機関が不通の場合、その線を利用する児童は、欠席・遅刻の扱いにはなりません。
気象状況の変化時
  1. 午前6時の段階で、東京23区に対し気象に関する警報(大雨、洪水、強風、暴風、大雪のいずれか)が出ている場合は、臨時休校とします。
  2. 在校中に、上記の警報が発令された場合、途中で授業を打ち切り、家庭へ連絡の上、下校させることがあります。家庭が不在で児童が下校できないときは、学校で預かり、保護者の連絡を待ちます。